BLOG

制作に使う機材など

ココロノビートエンターテインメントの作編曲スタッフの関根健太郎です。

主にゲーム音楽のご依頼の作曲を担当しております。
ゲームが好きでこの世界に入りましたので、いつもとても楽市見ながら制作しています。

私はCUBASEを愛用しておりまして、画面はCUBASEのものです。

いただいた資料や参考音源を聞き、
クライアント様のニーズにお応えできるように、
世界観をとらえ、参考楽曲の楽器構成、リズム、キモとなる部分を分析して制作を始めます。

勿論すべての音源が近代的なものではなく、過去の名作ということもありますので、すべての音色を真似るわけではないですが(笑)

メイン画像はまさにそのようにして作成しているものですが、
私はギタリストなので、ギターは弾いております。
たまに自分で作ったフレーズの難易度に悪戦苦闘したりしたりしてますが、それも楽しさの1つですね。

各トラックを作り終え、それぞれEQなど処理し終わり
いざ、最終的なミックスへと工程を進めます。

実は最近新機材を購入しまして、あまりにも感動的かつ衝撃的だったので、

題して
「今回は私が最近購入した機材を使った
マスタートラックのミックス/コンプの処理のお話」
をしたいと思います。

前置きが驚くほど長かったというのはさて置いて。

まず1つ目にご紹介するのがこちら

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-12-55-40

MixCentric/Waves
つまみを回すだけで非常に高度な処理を自動でしてくれて
EQ/コンプレッション処理を行ってくれるという超優れもの。
お値段もリーズナブルなので、是非試してみてください。

そして2つ目にご紹介するのが

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-13-05-47

UAD SHADOW HILLS INDUSTRIES
マスタリング・コンプレッサー。
オーディオインターフェイスを長年使用していた
M-Audio PROJECTMIXからApolloに切り替え、このコンプを使用しはじめました。
ApolloはPCに負荷をかけることなく処理できるのが本当に魅力的です。

と、この2つを併せて使用してみると、びっくりして椅子から転げ落ち、反動でPCの電源が落ちてしまう程の衝撃が。

簡潔に表現すると、THE 高級感。
MixCentricはつまみを回さず、通しすだけの使用でも効果が得られます。
どちらも単品でも大変素晴らしい製品です。

ですが、合わせて使った時に、こんなにゴージャスな音がすぐに作り出せたなんて、と喜びに打ち震えました、、、笑。
良い音にゴールはありませんが、その手助けをしてくれる素晴らしいプラグインであることは間違いありません。

と、このような感じで製品同士の組み合わせで、
より良いものを皆様にお届けできるよう研究しながら制作しております。
日々進化するココロノビートサウンドを是非お楽しみにいただければと思います。

作編曲スタッフ 関根健太郎

INFORMATION


お問い合わせはこちらから 0345710589 Twitter facebook @LINE SoundCloud

News

  1. Jun. 7, 2017
    Release
    スタッフ・ワークス・機材を更新いたしました。

Works

  1. Game
    『天上界 妖精の大樹』のBGM制作を担当いたしました。

Contact

〒162-0834
東京都新宿区北町6番地
  • 最寄駅:牛込神楽坂・飯田橋・神楽坂・市ヶ谷
  • TEL
    受付:11時〜19時
    土日:13時〜19時
  • Mail
  • Skype
  • Sorry...
    収録中はお電話に出られない場合や、お返事にお時間をいただく場合がございます。